自動車保険にいくら払っている?

自動車保険は加入者によって保険料が異なるのが普通ですが、保険料の違いは様々な要因によって起こってきます。最近ではリスク細分型の保険商品が登場したため、同じ保険会社の保険でも選択によって保険料が大きく異なります。リスク細分型とは事故に合う確率を想定しリスクによって保険料を決める保険です、毎日通勤に使用している人と休日にしか運転しない人では、事故に合う可能性が大きく異なりますので、リスクに応じて保険料を変えることになります。保険料は補償内容によっても異なりますが、車両保険の有無でも保険料は異なりますし、補償額の大きさでも変わってきます。また弁護士費用特約やファミリーバイク特約など特約が多数あるため、選択によって保険料が変わるのです。もちろんですが契約者の年齢や加入期間によって等級が決まるため、契約者の属性によっても保険料が変わるのです。ですから同じ年令で同じ車、同じ保険会社で契約してもそれぞれに保険料が異なってくるのです。保険料を安くするには補償内容の見直しをすることで対応可能ですが、ダイレクト型では基本となる保険料が安く設定されているため、補償内容の見直しを行わなくても保険料を安くすることが可能です。

コメントは受け付けていません。