数字で見る通販型自動車保険

自動車保険の中には、2つの保険が用意されていて、1つはいわゆる強制保険で自賠責保険になります。もう1つには任意加入の自動車保険が用意されているのですが、任意加入であっても代理店を通して加入するタイプや、近年では通販型自動車保険というものも登場しています。この保険に関しては基本的にはインターネットなどを利用して自らが加入手続きを進めることになるために、各通販型の保険会社では手間を最小限に抑制することができ、その結果として格安で加入できる内容を持っています。現在では年々加入者が増加していることが統計上分かっているものとされており、自動車保険に加入している方の割合では5%を超えているものとされています。業界全体での収益に関しては約2000億円の規模を持っており、保険会社の各社では、魅力ある保険商品をそれぞれ発表しています。通販型であっても、基本的には毎年の更新が必要とされている部分があるために、人によっては毎年見積りなどを利用して、保険会社を変更することも行われています。そのため、保険商品として用意されている補償内容の他にも、ロードサービスやレジャーサービスなどの付随するサービスまでも提供している会社も存在しています。

コメントは受け付けていません。