‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

通販型自動車保険が支持される理由

2014/09/15

自動車保険は自動車を運転する人ならば全ての人が入らなければいけない保険です。
自動車を運転し、万が一人や車を傷つけてしまったときに支払われる保険でこの保険に入っているかそうでないかで人生が異なってきてしまいます。
今自動車保険にはいろんな種類の保険があります。その中でも注目されているのが通販型の自動車保険です。
この保険は代理店型の保険とは異なりインターネットを利用を通じて中間コストを省いているため、保険料が割安になるのが特徴です。充実した保証が欲しいが保証内容に比例するように保険料が高くなってしまうのが自動車保険の特徴です。
ですがネットで申し込むことにより代理店の手数料がかからないため、保障内容を充実させたとしても保険料を大幅に削減することが可能です。
そしてインターネットの環境があれば時間や場所を気にせずに好きなときに保険契約ができるのでとても便利です。
家の中から保険を契約することができるのはもちろん、外出先でもネットを使える環境があれば簡単に契約することができます。仕事の合間や隙間時間を使って契約を進めることで無断な時間をとることはありません。
また保険の内容に迷った場合はコールセンターに電話して説明を受けることもできます。
このような内容からたくさんの人に支持されています。

年を追うごとに正味収入保険料は徐々に増加傾向にある

2014/09/15

正味収入保険料は、通常、損害保険会社が引き受けたリスクに対する保険料のことをいうのですが、損害保険会社が保険加入者から受け取る保険料(掛け金)のうち、損保会社で引き受けるリスクに対応する保険料であり、損保会社の業績や売上規模を示す指標となるものです。
通常、一般企業では業績を計る指数として、売り上げと利益でみることが多いですが、保険会社の場合保険料を預かり、加入者の安心を担保として掛け金を預かり、万が一の時に補償としてお金を支払うもので、出費となる保険金支払いがなければ、掛け金は運用に回したり、企業などに貸し付けるなどして利益を得ているため、通常の企業の業績判断とは少し違うのです。
正味収入が増えていれば、業績が良いと判断してよいでしょう。
ここ数年で、ダイレクト型や通販型の損害保険が出てくると、これに取り組む保険会社は正味収入が増加しています。
ダイレクト型や通販型の保険商品はインターネットによる申し込みで、今までの保険料をタイトにし節約できるとの側面から、乗り換えを考える人が非常に多いです。
ただ、対面販売とは違うため、インターネット特有の不具合やトラブルもあるため、加入者の慎重な判断が問われています。

数字で見る通販型自動車保険

2014/09/15

自動車保険の中には、2つの保険が用意されていて、1つはいわゆる強制保険で自賠責保険になります。もう1つには任意加入の自動車保険が用意されているのですが、任意加入であっても代理店を通して加入するタイプや、近年では通販型自動車保険というものも登場しています。この保険に関しては基本的にはインターネットなどを利用して自らが加入手続きを進めることになるために、各通販型の保険会社では手間を最小限に抑制することができ、その結果として格安で加入できる内容を持っています。現在では年々加入者が増加していることが統計上分かっているものとされており、自動車保険に加入している方の割合では5%を超えているものとされています。業界全体での収益に関しては約2000億円の規模を持っており、保険会社の各社では、魅力ある保険商品をそれぞれ発表しています。通販型であっても、基本的には毎年の更新が必要とされている部分があるために、人によっては毎年見積りなどを利用して、保険会社を変更することも行われています。そのため、保険商品として用意されている補償内容の他にも、ロードサービスやレジャーサービスなどの付随するサービスまでも提供している会社も存在しています。

CMで認知度を増しシェアは拡大傾向に

2014/09/15

自動車保険に関わらず保険というと代理店で契約を結ぶのがこれまでは当たり前でした。しかし、最近ではネット上ですべてが完結するダイレクト型の保険会社も多く登場し、注目を集めています。
代理店型とは違って基本的に担当者を顔を合わせずに電話やメールのみのやり取りとなるのがダイレクト型の特徴です。やはり大事な保険なので、顔を見てしっかり内容を聞いて決めたいという方もまだ多くおられますが、代理店を持たない分、経費が浮くので保険料を安くできるダイレクト型を選ぶ方も増えてきています。顔を見られないのは不安かもしれませんが、何かあった時の対応はどちらも遜色ないという口コミがほとんどなので、それなら少しでも安いダイレクト型にしようという考えは決して間違ってはいないでしょう。
また、ダイレクト型の認知度を広めるためのテレビやラジオ、インターネットなどでのCMも非常に功を奏しているようで、シェアは拡大傾向にあると言われています。そうはいってもまだまだ代理店型の方が圧倒的に加入者が多いのが現状です。しかし、これから車の免許をとって保険に加入しようという若者はネット世代。サービス内容がほとんど同じであるなら、値段の安いダイレクト型を選ぶ若者が増えると予想されます。

正味収入保険料が増加中

2014/09/15

損害保険の世界では、一般の企業でいうところの売上にあたる保険事業運営のバロメーターとして、「正味収入保険料」という用語が使われており、自動車保険業界でいうと、任意保険だけで約4兆円の規模となっています。
これは、損害保険会社が加入者から受け取る保険料の中から積立保険料を除いたものに対して、他の損害保険会社から再保険を受けた時に受け取る保険料を加え、逆に再保険に出した時に支払う保険料を差し引いた金額のことをいいます。
しかしながら、いくら売上が一定の規模を確保しているとはいっても、保険業界の現状はなかなか厳しいものがあります。よくいわれていることですが、我が国は人口減少という大きな流れの中で少子・高齢化を迎えているため、保険料を負担してくれるはずの若者の新規の保険加入が望めない反面、若者にくらべて注意力が散漫になり、大きな人身事故などを起こすリスクの高い高齢者のドライバーは増える一方で、保険料と保険金という収支のバランスが崩れつつあるためです。
そのなかでも従来の代理店型ではなく、ネットなどで直接契約するタイプのダイレクト型の保険は年々着実に売上を伸ばしており、業界全体のシェアとしてはまだ1割未満ですが、今後の大きな伸びが期待できるところです。

自動車保険は競争の激しい業界

2014/09/15

万が一事故が起こった時に、ドライバーや周りの人や物を守ってくれる自動車保険。
任意保険と言われていますが、入っていないドライバーの方は少ないのではないでしょうか。
今、この保険業界は競争が激しくなっており、各会社で様々なサービスを提供して加入者の獲得に奔走しています。
テレビでも色々な会社がCMを出しており、その勢いは留まるところを知りません。
競争によってサービスが充実していくのは、ドライバーにとっては嬉しいことなのですが、初心者の方は保険選びに迷ってしまうのではないでしょうか。
よく分からないうちに契約してしまい、自分に必要のないオプションを付けてしまったという例も多いので、分からないからといって安易に選んでしまわないように気をつけましょう。
どうしても決められないという方は、インターネットの一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。
インターネット上にあるサイトに、自分の環境や条件を入力するだけで、それに一致した会社全てに見積もりをお願いすることができます。
時間も手間も節約することができますし、自分にあった保険をじっくり選ぶことができるので、保険選びに迷ってしまったら、この一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

メガ損保3社で90%超のシェア

2014/09/15

以前と比較して自動車保険を取り扱う会社は増え、人々はさまざまな保険会社を利用している
印象がありますが実はそうでもないのです。
現在でも自動車保険はメガ損保と呼ばれる3社に、ほとんどの人が加入しているのです。

ではその3社とは一体どこなのでしょうか?
まず一つ目が、東京海上ホールディングスと呼ばれるグループです。
東京海上日動を中心に、日新火災やイーデザイン損保が
このグループに該当します。

そして2つ目が、NKSJと呼ばれるグループです。
損保ジャパン、日本興亜損保そしてセゾン自動車火災やそんぽ24が、
含まれているグループです。

そして最後がMS&ADと呼ばれているグループで、
三井住友海上やあいおいニッセイ同和損保、三井ダイレクト損保などが
該当します。
もとはそれそれ独立した会社でしたが、統合や合併の結果このような状態となっています。

この3グループで、自動車保険における90%のシェアを占めている現状があります。
しかし現在では、通販型自動車保険も大きな伸びを示しており、
その代表格がソニー損保で加入者も増加傾向にあります。

いずれにせよ自動車保険に加入する際には、十分な検討が必要です。
インターネットを駆使して、自分の車や運転状況、そして支払い可能な金額の
自動車保険を慎重に探すことが一番大切なことといえます。

3兆円市場でのシェア争い

2014/09/15

近年、巷では様々な種類の自動車保険が出てきており、消費者としての選択肢はますます広がっています。
そんな自動車保険ですが、実際はどのような企業や商品が取り扱われているのでしょうか。
実際の損害保険の業界では、年間7兆円近い金額が動いていると言われますが、自動車保険はその内の半分近い3兆円レベルのお金が動いている、非常に大きなマーケットとなっています。
基本的に個人の自動車保険の相場としては、月に約5000円~15000円程度まで支払っている人も多く実際はかなりのお金が動く巨大マーケットの一つが自動車保険業界なのです。
また、自動車に乗る人口は1年で急激に増えるような性質のものではないため、現在各保険会社では3兆円市場でのシェア争いを行っています。
現在の日本では少子高齢化のため、保険業界は今後大きな影響を受けると予想されています。
特に、自動車保険に関しては最も車に乗るであろう若い世代の人々の数が少なくなるため、今後はさらに熾烈なシェア争いを行うこととなるでしょう。また、関東圏の若い世代では、公共交通手段の利便性が向上したことで最初から免許を取得しない人も出てきているようです。
今後は保険加入者の全体数が減るため、料金の高騰は避けられない問題となるでしょうが、今後はさらに高パフォーマンスなサービス内容が要求されることとなります。

自動車保険にいくら払っている?

2014/09/15

自動車保険は加入者によって保険料が異なるのが普通ですが、保険料の違いは様々な要因によって起こってきます。最近ではリスク細分型の保険商品が登場したため、同じ保険会社の保険でも選択によって保険料が大きく異なります。リスク細分型とは事故に合う確率を想定しリスクによって保険料を決める保険です、毎日通勤に使用している人と休日にしか運転しない人では、事故に合う可能性が大きく異なりますので、リスクに応じて保険料を変えることになります。保険料は補償内容によっても異なりますが、車両保険の有無でも保険料は異なりますし、補償額の大きさでも変わってきます。また弁護士費用特約やファミリーバイク特約など特約が多数あるため、選択によって保険料が変わるのです。もちろんですが契約者の年齢や加入期間によって等級が決まるため、契約者の属性によっても保険料が変わるのです。ですから同じ年令で同じ車、同じ保険会社で契約してもそれぞれに保険料が異なってくるのです。保険料を安くするには補償内容の見直しをすることで対応可能ですが、ダイレクト型では基本となる保険料が安く設定されているため、補償内容の見直しを行わなくても保険料を安くすることが可能です。