3兆円市場でのシェア争い

近年、巷では様々な種類の自動車保険が出てきており、消費者としての選択肢はますます広がっています。
そんな自動車保険ですが、実際はどのような企業や商品が取り扱われているのでしょうか。
実際の損害保険の業界では、年間7兆円近い金額が動いていると言われますが、自動車保険はその内の半分近い3兆円レベルのお金が動いている、非常に大きなマーケットとなっています。
基本的に個人の自動車保険の相場としては、月に約5000円~15000円程度まで支払っている人も多く実際はかなりのお金が動く巨大マーケットの一つが自動車保険業界なのです。
また、自動車に乗る人口は1年で急激に増えるような性質のものではないため、現在各保険会社では3兆円市場でのシェア争いを行っています。
現在の日本では少子高齢化のため、保険業界は今後大きな影響を受けると予想されています。
特に、自動車保険に関しては最も車に乗るであろう若い世代の人々の数が少なくなるため、今後はさらに熾烈なシェア争いを行うこととなるでしょう。また、関東圏の若い世代では、公共交通手段の利便性が向上したことで最初から免許を取得しない人も出てきているようです。
今後は保険加入者の全体数が減るため、料金の高騰は避けられない問題となるでしょうが、今後はさらに高パフォーマンスなサービス内容が要求されることとなります。

コメントは受け付けていません。