自動車保険の業界動向:通販型自動車保険の業界シェア

ダイレクト型自動車保険と呼ばれる通販型保険は年々シェアを拡大していますが、その理由には保険料の安さがあります。インターネットから直接申し込みが完了するためダイレクト型と呼ばれていますが、保険料を安くできる理由は人件費や事務所経費を削減できる点にあります。オンラインで申し込みを行う場合には、プログラミングされたシステムによって人の手が必要な場面を大きく減らすことが可能です。対面型の保険では必ず外交員との接触があるため人件費がかかってしまいますが、ダイレクト型では対面する必要が無いため外交員の人数を削減することが可能です。また店舗がなくても加入者を集めることができるため、事務所を運営するために必要な経費を削減することが可能です。保険は事故にあった際に使うものですから、ダイレクト型には不安を感じる人が多いはずですが、事故対応は保険会社のスタッフが対応するためダイレクト型とはいっても通常の保険と同じ事故対応が可能となります。保険料の安さは事故対応などのサービスの低下で実現している訳ではありませんので、安心して利用することが可能なのです。しかし一部のダイレクト型保険では事故対応力が不足している場合がありますので、加入する際には注意が必要です。買取価格の概算